筑前の事件趣味。

自分の気分で投稿します。

福島県塙町女性強盗殺人事件① 〜祖母を殺害した19歳少年を逆送〜

f:id:tikuzenresearch:20220509184356j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。今回は福島県塙町で自身の祖母を殺害した少年について進展があったので取り上げたいと思います。

 

今年2月、福島県塙町で75歳の女性が殺害された強盗殺人事件で家庭裁判所は、孫の19歳の男を「刑事処分相当」として9日、検察に送り返すいわゆる「逆送」を決定しました。

強盗殺人などの疑いで家庭裁判所から検察に逆送されたのは、矢祭町の19歳の男です。

警察などによりますと男は、今年2月塙町に住む75歳の祖母に暴行を加え殺害し、奪ったキャッシュカードで現金300万円を引き出した疑いで先月逮捕され、その後、家庭裁判所に身柄が送られていました。

福島家庭裁判所郡山支部は、9日、少年審判を開き男の処分について「刑事処分が相当」として「逆送」を決定しました。

逆送された事件について検察は、原則、起訴することになっていて、今後は、特定少年の男の実名を公表するかどうか判断することになります。

 

19歳少年は祖母に対して「暴行を加えて殺害」と書かれていますが、一応強盗致死とはならずに殺意は立証出来たようですね。この事件は少年が逮捕されるまでに少し時間がかかったんですが、最初は祖母のキャッシュカードで不正に現金50万円を奪った窃盗容疑で逮捕され、事件当日に少年の乗っていた車から血痕が見つかり、DNA鑑定で被害者のものと発覚した為に逮捕に至ったというわけです。また、別の記事によると審判では以下のように裁判官が言っていました。

 

9日、福島家庭裁判所郡山支部で開かれた審判で、池上弘裁判官は、「安易に金を得たいとの思いから、周囲に人家がなく人目につきにくい祖母の家に侵入して盗もうと考えたもので、動機はあまりにも短絡的で酌量の余地はない」と指摘しました。

そのうえで、「被害者の死亡を知らされた後もちゅうちょすることなく、被害者のキャシュカードを使って、ATMから現金を合計300万円も引き出し、交際相手へのプレゼントを購入するなど、1か月もしないで全額散財した。その一方で、被害者の葬儀には平然と参列しており、被害者を顧みる様子はみられず、刑事処分が相当だ」として検察に送り返す決定をしました。

 

何気に初めて知ったのですが、犯人の少年は普通に祖母を襲って奪い取った金で交際相手にプレゼントを買ったり、1ヶ月もしないで全額散財したようで、さらに普通に祖母の葬儀にも参列していたようです。ここまで来ると少年の家庭環境と人格に何かしら問題があるのではないかと思います。祖母を殺害した挙句の果てにクレジットカードで金を奪い取って、祖母の葬儀にも参列して、1ヶ月もしないで全額散財したというのは家庭環境に何も問題がなくて普通に育った少年がやる行為とは思えません。