筑前の事件趣味。

多分毎日投稿。

愛知県知立市殺人死体遺棄事件⑤ 〜事件から1ヶ月近く経ち、ついに犯人逮捕〜

f:id:tikuzenresearch:20220609181109j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。5月11日に愛知県知立市の側溝で男性の遺体が発見された事件で、ついに犯人が逮捕されたようです。

 

5月に愛知県知立市で、道路の側溝から男性の遺体が見つかった事件で、警察は9日、強盗殺人の疑いで、26歳の男を逮捕しました。 愛知県警は、9日午後3時半から、安城警察署で記者会見を開き、容疑者の逮捕を発表しました。

 この事件は5月11日、知立市八橋町で、車が道路脇の側溝に脱輪し、同じ側溝から、複数の刺し傷などがある愛知県岡崎市の無職、三浦正裕さん(当時29歳)が遺体でみつかったものです。

 強盗殺人の疑いで逮捕されたのは、愛知県知立市の有馬滉希容疑者(26)です。

 警察の調べによりますと、有馬容疑者は5月、知立市の路上に駐車した車の中またはその付近で、三浦さんを刃物のようなもので複数回刺して殺害した上、現金約14万2千円を奪った疑いがもたれています。

 警察によりますと、有馬容疑者は三浦さんに対して債務があり、殺害したことを認める一方、「金を奪うつもりはありませんでした」などと容疑を一部否認しています。

 

事件当時の報道では「遺体が毛布で包まれていた」「遺体の上に草花や鉄製の蓋が被せられていた」などという情報があり、さらに車内には血が拭き取られた跡もあったようなので、事件後にかなり悪質な隠蔽工作を行ったと思われます。さらに有馬容疑者の容疑は被害者を殺害後に現金14万円を奪ったという強盗殺人罪であり、そしてしばらく経つと死体遺棄の罪でも再逮捕されるかと思います。この事件は強盗殺人死体遺棄事件であり、さらには殺害後に発覚を遅らせるための隠蔽工作も行っているために強盗殺人事件の中でもかなり悪質な方と言えるでしょう。有馬容疑者は「金を奪うつもりはありませんでした」と供述しているようですが、強盗殺人の刑罰は死刑か無期懲役という重い罪なので強盗目的を否認して、殺人罪と窃盗罪を適用してくれという意味合いだと思いますが、おそらく強盗目的が認められ、無期懲役は免れられないでしょう。

掛川市放火殺人事件② 〜犯人は名前を伏せられる〜

f:id:tikuzenresearch:20220609173224j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。メディアはどれだけ被害者を冒涜するつもりなのでしょうか?前に取り上げた吉川市の団地で女性が殺害された事件は自殺した知人の男が書類送検されましたが、何故か犯人の名前は伏せられて被害者の名前は出されるという、あまりに理不尽な事を行っていたんですが、かなり初期に取り上げた掛川市の放火殺人で被害者の小学校の同級生の男が被疑者死亡の為に書類送検された模様ですが、またもやメディアはその行為を行いました。

 

2022年4月、静岡県掛川市のアパートで31歳の男性が殺害された放火殺人事件で、警察は岐阜県内で遺体で見つかった被害者の小学校の同級生を殺人と放火の疑いで、容疑者死亡のまま書類送検しました。

殺人と現住建造物等放火の疑いで書類送検されたのは、静岡県掛川市葛川の無職の男(31)です。

警察によりますと、容疑者の男は4月、掛川市下西郷のアパートに住む男性会社員(31)の部屋に火をつけて、会社員を殺害した疑いがもたれています。

事件直後にアパートから走り去った車が、岐阜県揖斐川町の林道で見つかり、車内には殺害された会社員の小学校時代の同級生である容疑者の男の遺体が発見されました。

容疑者の男の死因は一酸化炭素中毒で自殺とみられ、体にはやけどの跡があったということです。

会社員の部屋には石油系の液体燃料がまかれていて、その後の捜査の結果、容疑者の男が会社員の男性を殺害した容疑が強まり、警察は9日、静岡地検浜松支部に容疑者死亡のまま、書類送検しました。

容疑者の男が犯行に至った動機などは分かっていないということです。

 

この事件を最初に紹介した時は事件直後に走り去った車が岐阜県の林道で発見され、車内から容疑者の男の遺体が発見されたという記事を取り上げましたが、この男の死因は一酸化炭素中毒で自殺のようで、体には火傷の跡があったようです。そしてこの事件で今回1番非難する事は何故かこの容疑者の実名が伏せられていることです。この容疑者の男は犯行当時31歳であり、少年法とも何も関係ない訳です。しかし、なのにこの件に触れているメディアの全ての記事において名前が伏せられており、本当に意味が分からないです。さらに今年2月に四日市市で男女が殺傷された事件では容疑者の男が自殺し、書類送検されましたが、こちらの事件の場合は容疑者が死んでいても実名を出されていたのに本当に何故でしょうか?

「容疑者の男が書類送検された」という記事では被害者の名前が伏せられていたので被害者の名前が出されてないだけいいとは思うんですが、前に取り上げた吉川市の事件は被害者の名前が出されて容疑者の名前が伏せられるという被害者への冒涜としか思えないような事をしていたので、本当に遺憾でしかないです。普通に犯人の実名を何故か伏せているメディア、新聞社を許さないでしょう。

 

〜追記〜

テレビ静岡様の記事には書類送検された男の実名が載せられていたので引用します。

 

静岡県掛川市で31歳の男性が殺害された放火殺人事件で、捜査本部は事件後に遺体で見つかった同級生の男を書類送検しました。

殺人と現住建造物等放火の疑いで書類送検されたのは掛川市葛川の無職・土井健太郎容疑者(当時31歳)で、今年4月掛川市下西郷の会社員・峰翼さん(当時31歳)の部屋に放火し、峰さんを焼死させた疑いです。

土井容疑者は峰さんの小学校時代の同級生で、犯行時間帯に目撃され事件4日後に岐阜県内の山中で発見された不審な車の中から遺体で見つかりました。自殺とみられています。

捜査本部によりますと2人にトラブルは確認されていませんが、車の所有者で犯行時のものとみられるヤケドがあったことなどから土井容疑者の犯行と断定し、容疑者死亡のまま9日書類送検しました。

 

当たり前の事なのですが、実名を報道したテレビ静岡様は素晴らしいメディアだと思います。

千葉・富里市2人殺害事件② 〜搬送されていた重傷のフィリピン人技能実習生を逮捕〜

f:id:tikuzenresearch:20220607222920j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。5月26日に千葉県富里市のアパートにて男性2人の遺体が発見された事件で、現場近くに倒れているのを発見され、病院に搬送されていた重傷のフィリピン籍技能実習生が逮捕されたようです。

 

富里市七栄の2階建てアパートでカンボジア国籍の男性2人の遺体が見つかった事件で、県警は7日、このうち1人を殺害したとして、殺人容疑で同アパートに住むフィリピン国籍の男で技能実習生、ブーラン・ローエル・ブーラン容疑者(30)を逮捕した。容疑者は事件後、アパートから約70メートル離れた路上で倒れ、搬送先の病院で治療を受けていた。成田署特別捜査班は、詳しい経緯や動機を調べている。

 逮捕容疑は5月26日未明、自宅アパート内で、同居するカンボジア国籍の技能実習生、モン・サメットさん(25)の体を刃物のようなもので複数回突き刺すなどして殺害した疑い。容疑を認めている。

 同アパートではモンさんのほか、同居するカンボジア国籍の技能実習生、チャット・チットさん(20)の遺体も見つかっており、特捜班は容疑者が関与したとみて殺人容疑で再逮捕する方針。

 特捜班によると、3人は県内の同じ実習先で働き、実習先が用意したアパート一室で同居していた。被害者2人は3月から住み始め、容疑者は5月17日から同居するようになったという。

 容疑者は5月26日午前2時45分ごろ、同アパートから約70メートル離れた路上で、上半身裸で血を流して倒れている状態で見つかった。病院に搬送されたが重傷で、特捜班は回復を待って逮捕した。アパートの居室からは凶器とみられる刃物が見つかっていた。特捜班は3人のトラブルの有無などを調べる。

 司法解剖の結果、死因はモンさんが心臓損傷、チャットさんが外傷性ショックだった。

 

富里市七栄の2階建てアパートでカンボジア国籍の男性2人の遺体が見つかった事件で、県警は7日、このうち1人を殺害したとして、殺人容疑で同アパートに住むフィリピン国籍の男で技能実習生、ブーラン・ローエル・ブーラン容疑者(30)を逮捕した。容疑者は事件後、アパートから約70メートル離れた路上で倒れ、搬送先の病院で治療を受けていた。成田署特別捜査班は、詳しい経緯や動機を調べている。

 逮捕容疑は5月26日未明、自宅アパート内で、同居するカンボジア国籍の技能実習生、モン・サメットさん(25)の体を刃物のようなもので複数回突き刺すなどして殺害した疑い。容疑を認めている。

 同アパートではモンさんのほか、同居するカンボジア国籍の技能実習生、チャット・チットさん(20)の遺体も見つかっており、特捜班は容疑者が関与したとみて殺人容疑で再逮捕する方針。

 特捜班によると、3人は県内の同じ実習先で働き、実習先が用意したアパート一室で同居していた。被害者2人は3月から住み始め、容疑者は5月17日から同居するようになったという。

 容疑者は5月26日午前2時45分ごろ、同アパートから約70メートル離れた路上で、上半身裸で血を流して倒れている状態で見つかった。病院に搬送されたが重傷で、特捜班は回復を待って逮捕した。アパートの居室からは凶器とみられる刃物が見つかっていた。特捜班は3人のトラブルの有無などを調べる。

 司法解剖の結果、死因はモンさんが心臓損傷、チャットさんが外傷性ショックだった。

 

ブーラン容疑者は重傷を負っており、前に取り上げた時はブーラン容疑者の回復を待って事情を聞く方針だったようですが、今回逮捕できたということは、ある程度様態が回復したのでしょう。今回はカンボジア国籍のモンさんへの殺人容疑で逮捕されましたが、同じアパートにカンボジア国籍の技能実習生のチャットさんの遺体もあったようなので、暫くしたらチャットさんへの殺人容疑でも再逮捕されることになるでしょう。ブーラン容疑者を含めた3人は県内の同じ実習先で働き、被害者の2人は実習先が用意したアパートの一室に住み始め、ブーラン容疑者は5月17日から同居するようになったという事です。現時点で3人のトラブルの有無は不明ですが、ブーラン容疑者が同居するようになった5月17日から僅か9日で事件が起きているのが気になります。憶測は良くないですがブーラン容疑者と被害者2人の間で何かしらのトラブルがあった事は確実かと思います。前に取り上げた時にも言いましたが、この事件は殺害された人数が2人と見られ、死刑も考えられるような事案でしょう。現時点で量刑を考えるのは早すぎる気がしますが、現実だと恐らくこの事件は外国人同士のトラブルで起きてしまった殺人のような気がするので、無期懲役求刑の無期懲役になる気がします。

豊橋車暴走3人死傷事件③ 〜求刑30年に対して懲役20年判決〜

f:id:tikuzenresearch:20220604064123j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。2020年7月に愛知県豊橋市で乗用車で警備員ら3人を殺傷した青野圭被告は懲役30年を求刑されていましたが、まさかの懲役20年判決が下ってしまいました。

 

静岡県掛川市の無職・青野圭被告(28)は、おととし7月、愛知県豊橋市で、時速およそ130キロまで加速した車で、田原市の警備員・夏目喜生さんをはねて殺害し、草刈りをしていた作業員2人に大けがをさせた、殺人と殺人未遂などの罪に問われています。

青野被告は、逮捕時に「神になりたかった」と供述していましたが、裁判では殺意を否認していました。

3日の判決で、名古屋地方裁判所岡崎支部の村瀬賢裕裁判長は、車の暴走を「悪質で危険な行為」と指摘したうえで、「強い殺意はなく、人が死んでも構わないというものだった」と判断し、懲役30年の求刑に対し、懲役20年の判決を言い渡しました。

判決の言い渡しを真っすぐ前を見つめて聞いていた青野被告。

弁護側は「控訴するかは本人と相談して決める」とコメントしています。

 

青野被告は被告人質問で「(中央分離帯に)突っ込めという指示が聞こえた」と述べ、さらに弁護人から「スピリチュアルな動画を見ていた」と指摘され、「2020年に入って毎日1時間ほど見るようになり、何が起こるか楽しみな気分になった」と説明。犯行との関係は「多少はある」と述べていました。そして「直感に従うといい」というスピリチュアル系の啓発動画を見て、犯行を決意したようです。しかしあまりに常軌を逸していて、全く理解ができない動機であり、本当にこんな理由で無差別殺人をするのかという疑問があります。青野被告は裁判では殺意を否認しており、そして青野被告には双極性障害があり、弁護側も双極性障害の影響でで人の姿を認識していなかった可能性があると主張していました。今回の判決は殺意は認定したようですが、強い殺意は無く、人が死んでも構わないというものだったとしてなんと検察側の求刑30年に対して懲役20年が下されてしまいました。これはあまりに酷すぎる判決で、そもそも検察側の30年という求刑自体も短いと思っていましたが、さらに判決では10年も短くなるなんて思ってもいませんでした。強い殺意が無いので懲役10年も減刑したという判例は聞いた事はないですし、もはや判例違反の領域です。また、青野被告は事件当時130キロまで乗用車を加速し、被害者らを撥ねて殺傷しました。ブレーキ痕が無いですし、逮捕直後の取り調べでは「人を殺した」と供述しており、強い殺意があると感じます。私はこの判決を見た時、あまりに衝撃的すぎて頭を抱えてしまいました。それぐらい酷い判決で、本当に遺憾です。高裁でもしかしたら事実誤認があるとして地裁差し戻しになる可能性すら有り得ます。

帯広市女性教師死体遺棄事件② 〜逮捕された高校教論の男「首を絞めた」〜

f:id:tikuzenresearch:20220604062034p:image

 

どうもこんにちは、筑前です。北海道帯広市で女性教師と連絡が取れなくなり、その後遺体で発見された事件で死体遺棄の容疑で逮捕された女性教師の元同僚の男である片桐朱璃容疑者が「首を絞めた」という供述をしたようです。

 

北海道帯広市の雑木林で女性の遺体が見つかった事件。見つかった遺体は47歳の高校教師の女性だとわかりました。また、逮捕された元同僚の教師の男と女性の事件直前の行動が、徐々に明らかになってきました。

片桐朱璃容疑者(35)
「死体を雑木林の中に穴を掘って埋めた」

3日午後、帯広農業高校の教師・片桐朱璃容疑者(35)が、死体遺棄の疑いで身柄を検察に送られました。

2日、北海道帯広市の雑木林で女性の遺体が見つかった事件で、死亡したのは、片桐容疑者の元同僚で北見市に住む高校教師の宮田麻子さん(47)だとわかりました。

司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死で、遺体に目立った外傷はなかったということです。

今年3月まで同じ高校の同僚で、お互い家庭を持っていた2人に何があったのか。事件直前の行動が明らかになってきました。

捜査関係者によると、先月29日、宮田さんは「(北見市から)釧路に行く」などと子どもに話していたといいます。その日のうちに、宮田さんは自らの車で外出したということです。

しかし、宮田さんは、帯広市内で行われていた片桐容疑者が顧問を務める野球部の試合を見に来ていたということです。

先月29日夜までは、宮田さんは、SNS上で夫と連絡をとっていたといいます。その後、連絡が途絶え、先月30日には夫が「妻が帰ってこない」と警察に相談していました。

そして、片桐容疑者が宮田さんの遺体を埋めた疑いがもたれているのが、先月30日午後8時ごろです。

警察の調べに対し、片桐容疑者は「首を絞めた」と、殺害をほのめかす供述をしているといいます。遺体が発見された現場近くの駐車場には、宮田さんの車が止まっていたということです。

 

遺体で発見された宮田さんにも、片桐容疑者にも家庭を持っていたようで、二人とも子供が居たようです。宮田さんは5月29日に住んでいる北見市から釧路に行くなどと子供に話していたといい、その日のうちに宮田さんは車で外出したようです。しかし結局、宮田さんは帯広市内で行われていた片桐容疑者が顧問を務める野球部の試合を見に来ていたようです。そして同日の29日夜までは宮田さんは夫とSNS上で連絡を取っていたようですが、その後、連絡が途絶えたようで、30日には宮田さんの夫が「妻が帰ってこない」と警察に相談していたようです。そして片桐容疑者が宮田さんの遺体を埋めた疑いが持たれているのは30日の午後8時の様で、遺棄現場近くの駐車場に宮田さんの車が止まっていたようです。そして片桐容疑者は「首を絞めた」と言い、殺害を仄めかしているようです。

 

感想

おそらくこれはほぼ確実に殺人事件でしょう。片桐容疑者本人が「首を絞めた」と供述しており、宮田さんの死因も窒息死という事ですが、片桐容疑者の供述と死因が一致しており、片桐容疑者が宮田さんを殺害したというのは間違いないでしょう。そして宮田さんの連絡が途絶えた29日夜で、つまり宮田さんが死亡した時間帯は29日の夜以降から宮田さんの遺体が遺棄されたとされている時間の30日の午後8時までと考えられます。この事件は巷では「片桐容疑者と宮田さんは不倫関係だったのでは?」と言われていますが、この段階で断定してしまうとろくな事が起きない気がします。実際、片桐容疑者と宮田さんを知る教え子は「2人が一緒に居るイメージは無かった」と言っており、片桐容疑者の一方的なストーカー行為の可能性もあります。

十和田市高齢女性殺害事件④ 〜被害者の長男が逮捕される〜

f:id:tikuzenresearch:20220603190539p:image

 

どうもこんにちは、筑前です。今年の5月に十和田市で女性が殺害される事件がありましたか、被疑者として女性の長男が逮捕されたようです。

 

先月、青森県十和田市西十一番町の無職小峰勝子さん(84)が自宅で頭から血を流し死亡しているのが見つかった殺人事件で、十和田署と県警の捜査本部は2日、鈍器で頭を殴り殺害したとして、殺人の疑いで無職の長男(59)=同市西十二番町=を逮捕した。捜査本部は、裁判員裁判の対象事件として、認否や供述内容を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、5月16日午前10時半ごろから17日午後7時50分ごろまでの間、小峰さん方で、殺意をもって小峰さんの頭部を鈍器で複数回殴り、頭部打撲による失血、頭蓋内損傷で死亡させた疑い。

 凶器について、2日夜、十和田署で記者会見した捜査本部長の西川茂県警刑事部長は「(遺体発見現場で見つかった)木刀が凶器の一つとみている」と語った。木刀には被害者の血痕が付着していた。容疑者単独の犯行とみている。

 県警によると、小峰さんは5月17日午後7時50分ごろ、1階居間で頭から血を流して死亡しているのを、同居している容疑者の妻に発見された。現場の居間からは木刀が見つかったほか、駆けつけた救急隊によると、小峰さんはソファに座った状態だった。

 小峰さんは、発見した妻と2人で暮らしており、容疑者は市内で別居していた。容疑者は遺体が発見された直後、警察に対し、小峰さんと最後に会ったのは2、3日前-と話していたという。

 十和田署と県警は20日、捜査員67人態勢の捜査本部を設置。激しく殴打された遺体の痕跡や、現場に荒らされた跡がなかったことから、顔見知り、トラブルを抱えた者による犯行の可能性があるとみて、容疑者らから事情を聴取する一方、現場の住宅や関係先で鑑識活動を行ってきた。

 

動機は不明ですが、遺体には激しく殴打された痕跡があった事から、かなりの恨みがあったのではないかとも思えます。現場で発見された血の付いた木刀は家族が購入し、長い間被害者の家にあった物の様なので、その時点で既に家族の誰かが犯人なのでは?とも思っていましたが、一応断定はせずに「そういう可能性があるよね」と思ってましたが、やはり家族の犯行でした。近隣の住民によると小峰容疑者は言葉が乱暴で、お酒を飲むとカッとなるというのを被害者から聞いていたようです。私は青森県には未解決事件が多く、すなわち青森県警が貧弱なせいで未解決事件が多いと考えていたので、この事件も未解決になると思っていましたが、思ったより早く解決して何よりです。

埼玉・吉川市女性殺害事件② 〜警察、犯人に自殺を許してしまう〜

f:id:tikuzenresearch:20220603131513j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。今回はこちらを取り上げたいと思います。

 

5月、吉川市内の集合住宅で40歳の女性が殺害された事件で、発見された部屋に住む44歳の知人の男が死亡したことが分かりました。

 自殺とみられ、警察は1日、男を殺人の疑いで書類送検しました。

 この事件は、5月3日の夜、吉川市吉川団地の集合住宅の一室で、事務員の桑沢優子さん40歳が倒れているのが見つかり、その後、病院で死亡が確認されたものです。

 現場は、知人の44歳の無職の男が住む部屋で、桑沢さんの死因が窒息だったことなどから、警察は殺人事件として男から話を聞いていました。

 おとといになって、男は吉川市内の実家の2階のクローゼットの中で死亡しているのが見つかりました。

 遺書も見つかり、自殺とみられています。警察によりますと、桑沢さんと男には交際を巡るトラブルがあり、事件直前に言い争う声を、近所の住民が聞いていたということです。

 警察は、男が桑沢さんの首をひも状のもので絞めて殺害したとして1日、殺人の疑いで容疑者死亡のままさいたま、地検に書類送検しました。

 

この事件は5月3日に起きたもので、この書類送検された男と被害者は数年前に飲食店で知り合い、交際したと見られているようですが、犯行当日の未明には被害者が男の部屋に向かう姿が防犯カメラに写っていたようです。警察はこの男を当初から疑ってたんでしょう。しかし犯人の逮捕が遅れた結果、男に自殺を許すという最悪の結果となりました。おそらく証拠が無くて逮捕が出来なかったという理由なのでしょうが、これは警察の大失態でしょう。警察は被害者の遺族に頭を下げるべきです。そして男の実名が伏せられ、被害者の実名が出されるのはあまりに不合理で、被害者への冒涜行為だと思います。男の実名を出さないぐらいなら被害者の実名も出すなよと思います。基本、被疑者死亡で書類送検されても実名が出ますが、今回の場合はどの記事でも男の実名が出ていません。少年法すら関係ないのに被害者の名前が出されて犯人の名前が出ないというのは本当に不思議な話です。日本の警察とメディアには本当に呆れますし本当に酷すぎます。前に取り上げた茨城新聞の件と言い、最近はメディアに呆れる事が多いです。