筑前の事件趣味。

自分の気分で投稿します。

大東市女子大学生殺害事件① 〜120ヶ所以上の刺し傷、犯人は精神疾患だった?〜

f:id:tikuzenresearch:20220421170802j:image

 

こんにちは、筑前です。この事件は当時はまだ事件報道を追いかけていない時に起きた事件でしたが、発生から1年という事で取り上げる事にしました。

 

「お母さーん!」女子大生がパジャマ姿で惨殺…“無口な48歳警備員”犯行の原因となった“騒音問題”

 

「お母さーん!」

 4月28日午前7時頃、大阪府大東市にあるマンションから女性の叫び声が聞こえたという。通報を受けて警察が駆けつけた時には、大きな火の手が上がっていた。
容疑者は真下の住人
 約20平米、家賃は約3万円。現場マンションの3階の一室から大阪産業大学4年生の吉岡桃七(ももな)さん(21)の遺体が発見された。


「死因は失血死。鈍器で殴られたことによる後頭部の粉砕骨折と、左太腿を刺されての大量出血が致命傷に。小さいものを含めて傷は数十カ所に及んでいた。吉岡さんはパジャマ姿。寝ているところを襲われたようです」(社会部記者)


 容疑者は、吉岡さんの真下の部屋に住んでいた嘉本悟(48)だ。

「嘉本は自室のベランダから上階にはしごをかけ、吉岡さんの部屋に窓を割って侵入。彼女の部屋からは、60センチほどの木製の棒の先に包丁をワイヤーで巻きつけ、さらに包帯で固定した槍のような凶器が発見されましたが、これは嘉本が自作し持ち込んだ模様です」(同前)

入念に準備された計画的犯行
 また、吉岡さんの部屋の外にはドアストッパーが置いてあり接着剤の跡もあった。中から逃げられないよう入念に細工されていたのだ。

 はしごを伝って2階の自室に戻った嘉本は、周到に用意しておいた灯油を部屋に撒き放火。燃え盛る部屋から病院に搬送されたが、一酸化炭素中毒で死亡した。

「嘉本の財布からはホームセンターのレシートが複数見つかっており、4月上旬からコツコツと準備をしていたことが判明。計画的犯行と見られます」(同前)

犯行の原因の一つと見られる“騒音問題”
 亡くなった吉岡さんは京都府京丹後市に生まれ育ち、大学進学とともに大阪に。

「桃七ちゃんは明るくて真面目で、サッカー部のマネージャーとしても頑張っていました。礼儀正しく、愛嬌のある子で友達も多かった」(大学の先輩)

 嘉本がそんな彼女を襲った原因の一つと見られるのが、騒音だ。

「女子大生が入居したての頃、複数の男女で深夜までかなりうるさく騒いでいて、迷惑したことがありました。昨秋にも、お酒を飲んでいたのか大きな声が聞こえてきたことがあります」(近隣住民)

警察の調べに嘉本の親族は、嘉本がここ5年ほど生活音に不満を抱いていたと話している。

「今年の3月末から4月上旬に嘉本の部屋から壁をドンドン叩くような音が聞こえると、隣人の男子学生が交番に相談していた。その学生は程なく引っ越している」(前出・社会部記者)

 

事件概要はこんな感じです。その後嘉本容疑者は被疑者死亡として書類送検となりました。被害者の遺体には120ヶ所以上の刺し傷や切り傷があったと言う事です。さらに上記に書かれていた通り、被害者の部屋の外にドアストッパーが置かれていた上に接着剤の跡もあったという事なので嘉本容疑者は事前に部屋から出させないようにしたのでしょう。被害者の体の120ヶ所以上を包丁で刺すのは異常としか言えません。嘉本容疑者の言動を見るに、嘉本容疑者は何かしらの精神疾患だったと思われます。Wikipediaには「また、加害者の男が親族に対し、「上の階の住人に監視されている。玄関の前で誰かに見張られている。防犯カメラを設置しなければいけない」と話していたことや、約8年前に住んでいた別のマンションでも「隣人に見張られている」などと日記に記していたことが判明している」という事が書かれており、「監視されている」と感じるのは統合失調症の症状の1つです。さらに「隣人に見張られている」というのは明らかに被害妄想なので、嘉本容疑者は恐らく事件当時は統合失調症だったと思われます。そして嘉本容疑者が気にしていた騒音も被害者が騒音を起こしているという事実は無かった様なので、嘉本容疑者の被害妄想でしょう。そしてその被害妄想が殺人にまで発展したんだと思われます。嘉本容疑者がもし生きていて、裁判にかけられたとしても嘉本容疑者の言動を見るに、妄想にかなり支配されている印象があるので心神耗弱と認定されて減刑されていたと思います。