筑前の事件趣味。

自分の気分で投稿します。

帯広市女性教師死体遺棄事件② 〜逮捕された高校教論の男「首を絞めた」〜

f:id:tikuzenresearch:20220604062034p:image

 

どうもこんにちは、筑前です。北海道帯広市で女性教師と連絡が取れなくなり、その後遺体で発見された事件で死体遺棄の容疑で逮捕された女性教師の元同僚の男である片桐朱璃容疑者が「首を絞めた」という供述をしたようです。

 

北海道帯広市の雑木林で女性の遺体が見つかった事件。見つかった遺体は47歳の高校教師の女性だとわかりました。また、逮捕された元同僚の教師の男と女性の事件直前の行動が、徐々に明らかになってきました。

片桐朱璃容疑者(35)
「死体を雑木林の中に穴を掘って埋めた」

3日午後、帯広農業高校の教師・片桐朱璃容疑者(35)が、死体遺棄の疑いで身柄を検察に送られました。

2日、北海道帯広市の雑木林で女性の遺体が見つかった事件で、死亡したのは、片桐容疑者の元同僚で北見市に住む高校教師の宮田麻子さん(47)だとわかりました。

司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死で、遺体に目立った外傷はなかったということです。

今年3月まで同じ高校の同僚で、お互い家庭を持っていた2人に何があったのか。事件直前の行動が明らかになってきました。

捜査関係者によると、先月29日、宮田さんは「(北見市から)釧路に行く」などと子どもに話していたといいます。その日のうちに、宮田さんは自らの車で外出したということです。

しかし、宮田さんは、帯広市内で行われていた片桐容疑者が顧問を務める野球部の試合を見に来ていたということです。

先月29日夜までは、宮田さんは、SNS上で夫と連絡をとっていたといいます。その後、連絡が途絶え、先月30日には夫が「妻が帰ってこない」と警察に相談していました。

そして、片桐容疑者が宮田さんの遺体を埋めた疑いがもたれているのが、先月30日午後8時ごろです。

警察の調べに対し、片桐容疑者は「首を絞めた」と、殺害をほのめかす供述をしているといいます。遺体が発見された現場近くの駐車場には、宮田さんの車が止まっていたということです。

 

遺体で発見された宮田さんにも、片桐容疑者にも家庭を持っていたようで、二人とも子供が居たようです。宮田さんは5月29日に住んでいる北見市から釧路に行くなどと子供に話していたといい、その日のうちに宮田さんは車で外出したようです。しかし結局、宮田さんは帯広市内で行われていた片桐容疑者が顧問を務める野球部の試合を見に来ていたようです。そして同日の29日夜までは宮田さんは夫とSNS上で連絡を取っていたようですが、その後、連絡が途絶えたようで、30日には宮田さんの夫が「妻が帰ってこない」と警察に相談していたようです。そして片桐容疑者が宮田さんの遺体を埋めた疑いが持たれているのは30日の午後8時の様で、遺棄現場近くの駐車場に宮田さんの車が止まっていたようです。そして片桐容疑者は「首を絞めた」と言い、殺害を仄めかしているようです。

 

感想

おそらくこれはほぼ確実に殺人事件でしょう。片桐容疑者本人が「首を絞めた」と供述しており、宮田さんの死因も窒息死という事ですが、片桐容疑者の供述と死因が一致しており、片桐容疑者が宮田さんを殺害したというのは間違いないでしょう。そして宮田さんの連絡が途絶えた29日夜で、つまり宮田さんが死亡した時間帯は29日の夜以降から宮田さんの遺体が遺棄されたとされている時間の30日の午後8時までと考えられます。この事件は巷では「片桐容疑者と宮田さんは不倫関係だったのでは?」と言われていますが、この段階で断定してしまうとろくな事が起きない気がします。実際、片桐容疑者と宮田さんを知る教え子は「2人が一緒に居るイメージは無かった」と言っており、片桐容疑者の一方的なストーカー行為の可能性もあります。

十和田市高齢女性殺害事件④ 〜被害者の長男が逮捕される〜

f:id:tikuzenresearch:20220603190539p:image

 

どうもこんにちは、筑前です。今年の5月に十和田市で女性が殺害される事件がありましたか、被疑者として女性の長男が逮捕されたようです。

 

先月、青森県十和田市西十一番町の無職小峰勝子さん(84)が自宅で頭から血を流し死亡しているのが見つかった殺人事件で、十和田署と県警の捜査本部は2日、鈍器で頭を殴り殺害したとして、殺人の疑いで無職の長男(59)=同市西十二番町=を逮捕した。捜査本部は、裁判員裁判の対象事件として、認否や供述内容を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、5月16日午前10時半ごろから17日午後7時50分ごろまでの間、小峰さん方で、殺意をもって小峰さんの頭部を鈍器で複数回殴り、頭部打撲による失血、頭蓋内損傷で死亡させた疑い。

 凶器について、2日夜、十和田署で記者会見した捜査本部長の西川茂県警刑事部長は「(遺体発見現場で見つかった)木刀が凶器の一つとみている」と語った。木刀には被害者の血痕が付着していた。容疑者単独の犯行とみている。

 県警によると、小峰さんは5月17日午後7時50分ごろ、1階居間で頭から血を流して死亡しているのを、同居している容疑者の妻に発見された。現場の居間からは木刀が見つかったほか、駆けつけた救急隊によると、小峰さんはソファに座った状態だった。

 小峰さんは、発見した妻と2人で暮らしており、容疑者は市内で別居していた。容疑者は遺体が発見された直後、警察に対し、小峰さんと最後に会ったのは2、3日前-と話していたという。

 十和田署と県警は20日、捜査員67人態勢の捜査本部を設置。激しく殴打された遺体の痕跡や、現場に荒らされた跡がなかったことから、顔見知り、トラブルを抱えた者による犯行の可能性があるとみて、容疑者らから事情を聴取する一方、現場の住宅や関係先で鑑識活動を行ってきた。

 

動機は不明ですが、遺体には激しく殴打された痕跡があった事から、かなりの恨みがあったのではないかとも思えます。現場で発見された血の付いた木刀は家族が購入し、長い間被害者の家にあった物の様なので、その時点で既に家族の誰かが犯人なのでは?とも思っていましたが、一応断定はせずに「そういう可能性があるよね」と思ってましたが、やはり家族の犯行でした。近隣の住民によると小峰容疑者は言葉が乱暴で、お酒を飲むとカッとなるというのを被害者から聞いていたようです。私は青森県には未解決事件が多く、すなわち青森県警が貧弱なせいで未解決事件が多いと考えていたので、この事件も未解決になると思っていましたが、思ったより早く解決して何よりです。

埼玉・吉川市女性殺害事件② 〜警察、犯人に自殺を許してしまう〜

f:id:tikuzenresearch:20220603131513j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。今回はこちらを取り上げたいと思います。

 

5月、吉川市内の集合住宅で40歳の女性が殺害された事件で、発見された部屋に住む44歳の知人の男が死亡したことが分かりました。

 自殺とみられ、警察は1日、男を殺人の疑いで書類送検しました。

 この事件は、5月3日の夜、吉川市吉川団地の集合住宅の一室で、事務員の桑沢優子さん40歳が倒れているのが見つかり、その後、病院で死亡が確認されたものです。

 現場は、知人の44歳の無職の男が住む部屋で、桑沢さんの死因が窒息だったことなどから、警察は殺人事件として男から話を聞いていました。

 おとといになって、男は吉川市内の実家の2階のクローゼットの中で死亡しているのが見つかりました。

 遺書も見つかり、自殺とみられています。警察によりますと、桑沢さんと男には交際を巡るトラブルがあり、事件直前に言い争う声を、近所の住民が聞いていたということです。

 警察は、男が桑沢さんの首をひも状のもので絞めて殺害したとして1日、殺人の疑いで容疑者死亡のままさいたま、地検に書類送検しました。

 

この事件は5月3日に起きたもので、この書類送検された男と被害者は数年前に飲食店で知り合い、交際したと見られているようですが、犯行当日の未明には被害者が男の部屋に向かう姿が防犯カメラに写っていたようです。警察はこの男を当初から疑ってたんでしょう。しかし犯人の逮捕が遅れた結果、男に自殺を許すという最悪の結果となりました。おそらく証拠が無くて逮捕が出来なかったという理由なのでしょうが、これは警察の大失態でしょう。警察は被害者の遺族に頭を下げるべきです。そして男の実名が伏せられ、被害者の実名が出されるのはあまりに不合理で、被害者への冒涜行為だと思います。男の実名を出さないぐらいなら被害者の実名も出すなよと思います。基本、被疑者死亡で書類送検されても実名が出ますが、今回の場合はどの記事でも男の実名が出ていません。少年法すら関係ないのに被害者の名前が出されて犯人の名前が出ないというのは本当に不思議な話です。日本の警察とメディアには本当に呆れますし本当に酷すぎます。前に取り上げた茨城新聞の件と言い、最近はメディアに呆れる事が多いです。

帯広市女性死体遺棄事件① 〜女性を遺棄した男、殺害を仄めかす〜

f:id:tikuzenresearch:20220603025918j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。このブログでは最近は愛知県東浦町死体遺棄事件を取り上げていましたが、北海道帯広市で昨日、女性の遺体を雑木林に遺棄したとして高校教諭の男が逮捕される事件がありました。

 

帯広市内の雑木林に女性の遺体を遺棄したとして、35歳の高校教諭が警察に逮捕されました。警察は、遺体で見つかったのは先月31日に行方不明届が出されていた道内に住む女性とみて身元の確認を進めるとともに、いきさつなどを調べています。

逮捕されたのは、帯広農業高校の教諭で帯広市に住む片桐朱璃容疑者(35)です。
警察の調べによりますと、片桐容疑者は先月30日、帯広市内の雑木林に女性の遺体を遺棄したとして死体遺棄の疑いが持たれています。
31日、道内に住む女性の夫から「妻が家に帰ってこない」と行方不明届が出されていて、警察が関係者の1人として片桐容疑者から事情を聴いたところ「穴を掘って遺体を埋めた」などと話し、供述どおりに雑木林から遺体が見つかったということです。
遺体は成人の女性で、全身が土に埋まっていたということです。
警察は、見つかったのは行方不明届が出されていた女性とみて身元の確認を進めるとともに、詳しい死因や事件のいきさつを調べています。
女性の遺体が見つかった雑木林の近くにある球場を管理している男性は「幼稚園や子どもの野球大会が行われる球場の近くで、このような事件があったことにショックを受けている」と話していました。
また、ふだんの雑木林の様子については「管理事務所の周辺以外は暗くて人目につかず、誰でも簡単に立ち入れるようになっている」と話していました。

片桐容疑者が勤務する帯広農業高校によりますと、片桐容疑者はオホーツク海側にある美幌町の美幌高校からことし4月に帯広農業高校に赴任したということです。
帯広農業高校では農業の科目を担当し、野球部の顧問をしていて、勤務態度に問題はなかったということです。

帯広農業高校に勤務する片桐容疑者が死体遺棄の疑いで逮捕されたことを受けて、学校を管轄する北海道教育委員会は、「児童生徒を指導する立場にある道立高校の教員が逮捕されたことは誠に遺憾だ。詳細については現時点では把握できていないが、今後、事実を確認したうえで厳正に対処する」とコメントしています。

 

女性の遺体は死後からそれほど経過していないと見られ、衣服は着ている状態だったようです。片桐容疑者と上記に書かれていた31日に行方不明届を出されていた道内に住む女性は、片桐容疑者の前任の高校で同僚だったということで、片桐容疑者は札幌町の美幌高校から今年4月に帯広農業高校に赴任したということです。また、片桐容疑者は取り調べで殺害についても仄めかす供述をしているようです。

 

片桐容疑者の評判

片桐容疑者は帯広農業高校で農業を教える教師で、元教え子によると普通に生徒を笑わせるような事を言ってくれたり、怒るような事はそんなに無かったようです。また、片桐容疑者の知人によると前の高校では野球部の顧問をやっていたようで、温厚な人で生徒にも優しかったようです。

 

感想

おそらく遺体で発見された女性の身元は片桐容疑者の高校の元同僚だと思いますが、現時点では片桐容疑者と元同僚との関係性は分かっていなく、あくまで片桐容疑者の元同僚という話です。現時点で勝手な憶測をしてしまうとあまりよろしくないので続報が少し出たらその時にまた取り上げます。ただ、気になったのはその女性が行方不明になった翌日に夫から話を聞く中で片桐容疑者が浮上したという事なので、夫は何かしらを知っているんでしょう。そもそもただの元同僚という関係性だったら片桐容疑者が浮上する事は無いと思うので、もしかしたら片桐容疑者が女性に付きまとっていたという可能性もあるかもしれません。

 

〜追記〜

 

発見された女性の身元は高校の元同僚である宮田麻子さんだったと判明しました。

愛知県東浦町看護助手遺棄事件③ 〜死体遺棄で逮捕された女が殺害を認める〜

f:id:tikuzenresearch:20220603022731p:image

 

どうもこんにちは、筑前です。愛知県東浦町の畑で女性の遺体が発見された事件で死体遺棄の容疑で逮捕された天池由佳理容疑者が殺害を認める趣旨の供述をしたようです。

 

愛知県東浦町の畑に女性の遺体を埋めたとして男女2人が逮捕された事件で、女が、「3月に車の中で殺害した」という趣旨の供述をしていることが、新たにわかりました。

逮捕された、いずれも住居不定で無職の山下克己容疑者(54)と、天池由佳理容疑者(37)は、ことし3月16日ごろ、東浦町生路の畑に、稲沢市の介護助手、門田典子さん(40)の遺体を埋めた死体遺棄の疑いで、2日朝、送検されました。

取り調べに対し天池容疑者は、死体遺棄について容疑を認めていましたが、その後の捜査関係者への取材で、「3月に車の中で殺害した」という趣旨の供述をしていることが新たにわかりました。

現場周辺からは門田さんの所持品は見つかっておらず、遺体に着衣はなかったということです。

天池容疑者と門田さんは知り合いで、警察は2人の間にトラブルがなかったか、調べを進めています。

 

天池容疑者は死体遺棄について容疑を認めていたようですが、その後の取り調べで「3月に車の中で殺害した」という趣旨の供述をしたようです。一応他の記事には門田さんの遺体には目立った外傷は無いとの事でしたが、天池容疑者の供述から分かる通り、やはり殺人事件なのでしょう。

那覇市高校生放火殺人事件② 〜犯人の16歳少年を医療少年院に送致〜

f:id:tikuzenresearch:20220602162006j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。那覇市で16歳少年が自宅アパートに放火し、自身の姉を死亡させた事件で家庭裁判所医療少年院に送致する処分を行ったようです。

 

去年12月、自宅アパートに火をつけたとして逮捕された男子高校生について、那覇家庭裁判所は保護処分が妥当と判断し第三種少年院に送致しました。

この事件は去年12月、16歳の男子高校生が自宅アパートに火をつけた現住建造物等放火の疑いで逮捕・送検されたもので、この火事では21歳(当時)の姉が逃げ遅れて死亡しました。

男子高校生は刑事責任能力を問えるかどうかを調べる検察の鑑定留置を経た後、今年4月に那覇家庭裁判所に送られていました。

家庭裁判所は審判の結果先月16日に保護処分が妥当と判断し、男子高校生を第三種少年院、いわゆる「医療少年院」に送致しました。

 

家庭裁判所は審判の結果、先月16日に保護処分が妥当と判断し、犯人の少年を第三種少年院(医療少年院)に送致したようです。これを見ると分かる通り、ひっそりと処分自体は既に行われていたという訳です。

医療少年院とは、心身に著しい障害がある場合の少年が収容される場所です。事件時のニュースでは彼は取り調べで動機について意味不明な供述をしていると書かれていたため、もしかしたら犯人の少年は何かしらの精神障害を持っていた可能性があります。この事件はあまり報じられておらず、彼にはやはり精神障害があり、それが配慮されて大々的に報道されていないのでは?とも思えます。実際、はっきりとした動機も分かりませんし、姉との関係性も分かりませんし、分かっていない事ばかりです。個人的に考えられる動機は姉に何かしらの妄想を抱き、それで自宅に放火したという事ぐらいです。また、事件時の報道では「署は殺人容疑も視野に入れて詳しく調べる方針」と書かれていましたが、結局は彼が問われた罪は現住建造物等放火罪だけであり、殺人罪で逮捕される事はありませんでした。

 

今回の少年院送致にてメディアはこのまま彼の更生を考えてか取り上げる事は無くなり、そのまま事件も風化するんでしょうが、結局はっきりとした動機も、犯人の少年と姉との関係性も、彼自身の詳しい状態も結局最後まで明かされることなく、かなりのモヤモヤ感が残ったまま、この事件は終わりを迎えるでしょう。

 

彼の印象

犯人の少年の詳しい状態は分からないと申し上げましたが、実は犯人の少年についての記事が一つだけあり、その記事によると、近隣の住民は「今までトラブルは聞いた事がない、なぜ家庭内でこんな事になったのか」と話しており、近くに住む女性は犯人の少年が中学生だった頃に朝方に教員が家まで迎えに来ていたのを覚えているといい、「おとなしそうな子だった、それからあまり見ていないが、何があったんだろう」と話していたようです。

犯人の少年が中学生の頃に教員が迎えに来ていたというのを聞くと、彼は不登校だったとも考えられます。そして近くに住む女性はそれからあまり見ていないと話しており、彼はもしかしたら、所謂引きこもりの状態になっていたのかもしれません。

 

 

 

 

愛知県東浦町看護助手遺棄事件② 〜衣服が脱がされたような形跡〜

f:id:tikuzenresearch:20220601223012j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。愛知県東浦町で既に別件で起訴されている天池由佳理被告の供述により遺体が発見された事件では、天池由佳理容疑者と山下克己容疑者が死体遺棄の容疑で逮捕されてから次々に新たな情報が報道されております。

 

愛知県東浦町の畑で同県稲沢市の介護助手、門田典子さん(発見時40歳)の遺体が見つかった事件で、現場周辺に門田さんの所持品が残されていなかったことが1日、捜査関係者への取材で判明した。県警中村署捜査本部は、身元判明を遅らせるための工作だった可能性があるとみて、いずれも住所不定の無職、天池由佳理容疑者(37)=死体遺棄容疑で逮捕=と山下克己容疑者(54)=同=を追及している。

 捜査関係者によると、門田さんの遺体は畑の一角で、深さ約50センチの土中から見つかった。目立った外傷はなく、衣服を脱がされたような形跡があった。捜査本部は、天池容疑者らが現場から持ち去った疑いがあるとみて調べている。

 天池容疑者の知人によると、天池容疑者と門田さんはSNS(ネット交流サービス)でやり取りする仲で、「昨年5月ごろ、(天池容疑者が)『典子と遊びに行く』と話していて、親密だと感じた」と話した。

 天池容疑者らは3月16日ごろ、東浦町内の畑に門田さんの遺体を埋めた疑いが持たれている。2人は別の事件で4月3日に逮捕され、県警は天池容疑者の供述に基づき翌4日に遺体を発見した。【森田采花】

 

門田さんの死因は何なのかというのは一旦置いといて、現場周辺に門田さんの所持品が残されていなかったようで、捜査本部は身元判明を遅らせるための工作だったと見ているようです。また、門田さんの遺体は深さ約50cmの土中から見つかり、目立った外傷は無く、衣服を脱がされたような形跡があったようです。門田さんと天池容疑者はSNSでやり取りする仲で、昨年の5月頃に天池容疑者が「典子と遊びに行く」と話していたようです。

 

感想

一体、本当に何故こうなったのかというのが一番の疑問です。そもそも死亡した経緯が現時点で不明ですが、遺体に衣服を脱がされたような形跡があったということなので、門田さんが衣服を脱がされたというのは事実でしょう。考えられるのは門田さんが何かしらのせいで死亡し、別の記事には別の場所から車で門田さんの遺体を運んだとみられると書かれていたので、天池容疑者と山下容疑者は別の場所から門田さんの遺体を車で運び、そして遺棄現場である畑に門田さんの遺体を遺棄し、発覚を遅らせる為に門田さんの所持品を現場から持ち去ったというのが考えられます。山下容疑者は別に女性を監禁し、性的暴行を加えるという事件を起こしている為に門田さんが死亡する前にもしかしたら山下容疑者が服を脱がして性的暴行を加えたのでは?とも思いましたが、遺体に暴行された跡があるとかだったり、遺体に体液が付着している等とは報道されていないので何とも言えません。衣服を脱がされたのがいつかも分からないので。