筑前の事件趣味。

多分毎日投稿。

土浦市集団リンチ傷害致死事件① 〜犯人の少年、実名公表されるも実名が出ない?〜

f:id:tikuzenresearch:20220522011634j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。茨城県土浦市で男性が暴行を受け死亡する事件があったようですが、男性への傷害致死の容疑で逆送された少年2人が起訴され、実名公表がされたようです。しかし、茨城新聞は実名を報道しなかった上にその理由すら書かないという愚行に出ました。

 

土浦市で2月、千葉県八街市、大工、浜田夕輝さん=当時(21)=が集団暴行を受け、その後死亡した事件で、水戸地検は19日、傷害の疑いで逮捕、傷害致死容疑で家裁送致され、検察官送致(逆送)された下妻市、会社員、男(19)、境町、工員、男(19)の2人を起訴し、2人の氏名を公表した。4月1日施行の改正少年法で18、19歳は「特定少年」と位置づけられ、起訴後の実名報道が可能になった。県内の裁判員裁判対象事件で、特定少年の氏名が公表されるのは初めて。 起訴状などによると、2人は共謀し、2月12日未明ごろの間、土浦市粕毛の倉庫敷地内で、浜田さんの顔を殴るなどして転倒させた上、頭や顔を足で複数回踏みつけ、急性硬膜下血腫で死亡させたとされる。 最高検は2月、特定少年の氏名公表の検討対象として、裁判員裁判対象事件を典型例に挙げていた。特定少年を巡っては、甲府地検が4月、殺人や現住建造物等放火などの罪で19歳の男を起訴し、全国で初めて氏名を公表した。一方、新潟地検は同月、自動車運転処罰法違反の危険運転致死罪で大阪府高槻市の19歳の男を起訴したが、氏名は明らかにしなかった。

 

被害者の男性は事件当日はラップ公演のために土浦のナイトクラブまで来ており、そこには被害者の友達4人も居ました。そこで被害者は不良グループの1人に「何を見ているのか」としつこく絡まれ、被害者は叩かれたり引っ張られたりし、我慢出来ずに取っ組み合いの喧嘩に発展。そして被害者と知り合いだったナイトクラブのオーナーが「外でやってくれ」と言い、被害者は店外に出される事になったのですが、外には未成年の20人〜30人の仲間が呼ばれて待機していたようです。そして不良グループは被害者だけ資材置き場に連れていき、リンチを加えました。ナイトクラブに一緒に来ていた友達4人も相手が多すぎてどうする事も出来なかったようです。そしてパトカーのサイレンが聞こえると相手は逃げたようです。そして事件から7日後に被害者は亡くなりました。これは参考にした文春の記事で被害者の父親に話を聞いており、その父親も言っていましたがオーナーも何故、喧嘩も止めずに被害者を外に出してしまったのだろうかと思ってしまいます。そして、ここから本題に移ります。水戸地検は被害者への傷害致死の罪に問われている少年2人を起訴し、2人の氏名を公表しました。しかし茨城新聞は2人の実名を報道する事はありませんでした。自分も別の新聞で2人の実名が出ていないかを調べてみたんですが、皮肉な事にこれについて触れてる記事が茨城新聞と地方版の毎日新聞しかありませんでした。(毎日新聞も実名が伏せられていたが、こちらは有料記事となっていた為に実名を伏せた理由が分からないので何とも言えません。)これのせいで実名公表はされたのに実名は分からないという事態が発生しました。さらに茨城新聞は何故か実名を報道しなかった理由も説明していません。これは今までに無かったような事であり、特定少年の実名公表2例目である寝屋川専門学生刺殺事件でも強盗致死の容疑で少年2人が起訴され、なおかつ実名公表されました。そちらでも一部メディアが実名を伏せていたりしましたが、その実名を伏せていたメディアも記事の最後に「何故、実名を載せなかったのか」という説明をちゃんと行っていました。しかし今回の場合は実名を載せない上に「何故、実名を載せなかった」という説明もありません。これは個人的に非常に遺憾であり、検察によって実名公表がなされたのに実名報道しなかった事は置いといて、さらに実名を載せなかった説明もしないというのは今までに見た事のないような愚行を行っています。別の記事では茨城大学の准教授が「冤罪の可能性が排除しきれない」と言っていましたが、もしかしたらそういう理由で実名が伏せられたのかもしれません。しかし、地検が少年2人の認否を明らかにしてないようなので何とも言えませんが、もし冤罪でもなく、本人達が罪を認めていてこんな事を言っているなら意味が分かりません。茨城新聞が実名を載せなかったせいで、せっかく検察が少年2人の実名を公表してくれたのにも関わらず、実名公表されたのにも関わらず実名が分からないという事態が起きてしまっています。少年2人が起訴されてから1日経っても茨城新聞しかこれについて取り上げてないのを見ると、全国的な新聞がこの事件についてをわざわざ取り上げ、少年の実名を報道してくれる確率は低いと思うので、茨城新聞のせいで少年法改正前から実名公開を常日頃行っていた週刊新潮などが実名公開してくれない限り、実名報道の可能性は無くなったとも言えます。また、巷での噂ですが茨城新聞は全体的に少年成人に関係なく実名を何故か伏せる傾向があるようです。おそらく茨城新聞のお偉いさんが「どんな悪人でも更生できる」みたいな考えの人物なんでしょう。茨城新聞は「加害者に充分配慮している報道機関」と言われていますが、こんな事をしてるなら言われても仕方がないでしょう。