筑前の事件趣味。

自分の気分で投稿します。

十和田市高齢女性殺害事件④ 〜現場の木刀、元々家にあったもの〜

f:id:tikuzenresearch:20220521194725p:image

 

どうもこんにちは、筑前です。青森県十和田市で高齢女性が殺害された事件で、現場にあった血のついた木刀は外部からの物ではなく、元々家にあったものというのが判明したようです。

 

 青森県十和田市西十一番町の住宅で、この家に住む無職小峰勝子さん(84)が殺害された事件で、県警は20日、十和田署に西川茂刑事部長を本部長とする67人態勢の捜査本部を設置した。市内で記者会見した西川刑事部長は「捜査を強力に推進し、早期検挙を目指す」と述べた。

 小峰さんは17日午後7時50分頃に頭から血を流して死亡しているのを、同居する長男の妻が発見。小峰さんの死因は頭部打撲による失血および頭蓋内損傷で、ほぼ即死だった。

 会見で西川刑事部長は、小峰さん宅で見つかった木刀は居間に落ちており、もともと家にあったものだとした。また小峰さんを発見前日の16日に見たという情報があり、確認を進めていることも明らかにした。一方、十和田消防本部によると、救急隊が到着した際、小峰さんはソファに座った状態だったという。

 小峰さんに最後に会ったのは、長男の妻が遺体発見の5、6日前、市内で別居している長男は2、3日前だったと、それぞれ県警に説明しているという。

 小峰さん宅では、20日も引き続き現場検証が行われ、県警捜査員が慌ただしく出入りしていた。近所に住む男性は「小峰さんの家から言い争う声が聞こえることもあった」と話す。また、30歳代の女性は「警察が来て騒然としていて落ち着かない。小さい子どもがいるが外で遊ばせることができず、早く元の生活に戻ってほしい」と不安がった。

 

現場で見つかった木刀は居間に落ちており、元々家にあったものみたいです。また、被害者は長男の妻と同居していたようですが、この木刀は長男の妻の持ち物ではないようです。そして被害者を事件前日の16日に目撃したという情報があり、警察が確認を進めているようです。その情報がもし本当だとすると、被害者は16日から遺体が発見された17日の午後7時までに殺害された事になります。被害者に最後に会った人物が長男の妻が遺体発見の5日、6日前で、市内で別居している長男は2日、3日前だったようです。また、被害者の家から言い争う声が聞こえる事があったと近所の男性が話しています。

この事件は木刀のせいで被害者の家族の誰かが犯人なのではないかと言われていますが、あくまで木刀は家にあったものなので外部から侵入した人物がたまたま木刀を発見して女性を殺害した可能性も無くはないです。しかし、外部から侵入した形跡があったというのは報じられていないのでこの説は違うでしょう。なので家族の誰かが犯人というのが現実的になってしまうところです。