筑前の事件趣味。

自分の気分で投稿します。

山梨県道志村 発見された肩甲骨と失踪女児のDNA型一致 警察が死亡と判断

f:id:tikuzenresearch:20220514220957p:image

 

どうもこんにちは、筑前です。この前、発見された頭の骨の一部をミトコンドリア型鑑定した所、骨と2019年に失踪した小倉美咲さんの母親との間に母子関係があるとして「矛盾無し」という結果が出たという記事を取り上げましたが、今回は発見された肩甲骨と小倉美咲さんのDNA型が一致してしまったそうです。

 

山梨県警は14日、道志村の山中で見つかった人の肩甲骨について、令和元年9月に近くのキャンプ場で行方不明になった千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さんとDNA型が一致したと明らかにした。県警は美咲さんは死亡していると判断したと発表。事件と事故の両面から美咲さんが死亡した経緯について捜査する。

肩甲骨は今月4日に山中から見つかり、司法解剖で人の右側の部分と判明した。近くでは美咲さんが行方不明になった当日の服装と特徴が似た黒色のハイネックも発見され、県警は肩甲骨が美咲さんのものの可能性があるとみて、鑑定を進めていた。

これまでの捜索では、肩甲骨のほかにも複数の骨が発見された。このうち子供とみられる頭の骨については12日、母系の血縁関係を調べるミトコンドリアDNA型の鑑定により美咲さんの母、とも子さん(39)と「広く親族関係にある人物」として矛盾はないことが明らかになった。

美咲さんは元年9月21日に家族や知人らとキャンプ場を訪れた。21日午後3時40分ごろ、先に沢に遊びに向かった友人らを1人で追いかけたまま、行方不明となった。

 

上記の記事通りに鑑定を進めていた肩甲骨が小倉美咲さんのDNA型と一致してしまったそうです。そして山梨県警はついに小倉美咲さんが死亡していると断定したそうです。この「この骨は誰なのかという」という謎は最初の人骨が発見されてから18日が経ち、DNA鑑定によってついに終わりを迎えました。そして小倉美咲さんのお母さんが娘の無事を祈っていましたがそれも今日で終わってしまいました。前にも言ってた通り約3年間も娘の無事を祈っていたお母さんがこんな辛い現実を突き付けられるのはあまりに残酷だと思います。これについて小倉美咲さんのお母さんは「早く家に返してあげたい」と言っていますが、その通りであり、約3年間も誰にも発見されずに放置されていた小倉美咲さんが本当に可哀想だと思うのでお家に帰してあげて欲しいです。