筑前の事件趣味。

自分の気分で投稿します。

北海道知床半島沖観光船浸水事故③ 〜元船長の証言、最悪の社長〜

f:id:tikuzenresearch:20220425154544j:image

 

どうもこんにちは、筑前です。今回は知床観光船の浸水事故で元船長が証言した運行会社の闇を紹介していきます。

 

北海道の知床半島の沖合で遭難した観光船…2016年から5年間、船長だった51歳の男性が運航会社の“実態”を証言しました。

 男性は2016年から5年間、遭難した「KAZUⅠ(カズワン)」19トンの船長で、自分が船長の間は無事故だったが、経営者が変わったあとの去年3月、契約を打ち切られたといいます。

◆今回の遭難を聞いて…
「『やっぱりか』です。『やっぱり、やったか』と。長い間、勤めていたけど、去年3月で契約を解除された。人が総入れ替えになって、今は教える人間がいない」

◆おととし7月に船舶免許を持つ3人が見習いで入り、そのうちの1人が今回、遭難した船長の豊田さん…
「去年6月に事故を起こしていて、船をあげて修理している状態を見たけど、見たら、船にある亜鉛版をおととしのまま変えていなかった。これは毎年変えるもの」
亜鉛板は、船体の腐食を防ぐために貼り付けるもので、船体の代わりに亜鉛板が腐食してくれる役割
「僕がいたときは、事務所に長く勤めていた人がいたから、手直しもできていたし、手に負えなければ、業者がやっていたけど、今見ている感じだと何もしていない」
「豊田さんは、僕がいた最後の年の夏に雇用された。半年、甲板員をやって、すぐ船長をやった。教えられるほど、教えていないと思う」
「もう一隻の観光船『KAZUⅢ』の船長は(豊田さんは)そこそこ運転できるんじゃないかとは言っていた」
「けど、結果的に何も教えることなく、僕は去ってしまったけどね」

◆漁船が引き返す中の出航だったが…
「(その日の出航を決めるのは)船長の権限、いい波か、悪い波か、判断できないうちは、船長をやるべきじゃない」
「あのときは『KAZUⅠ』だけ出航していた、他の船も出ていれば助けてあげられたけど」
「天候次第で、皆で(今日は出航を)やめようとか決めるけど、それぞれのコースによって出すこともある、客の奪い合いとかはない」

◆今の経営者は…
「今の運航会社の社長は、船のことも、海のことも知らない」
「お金にだらしない人。銀行で金を借りていたけど、去年、おととしくらいから経営が上手くいかずに、常に『お金がない』と話していた」
「波があって出航をやめたときも、社長には『何で出さないんだ』と言われていた」
「経営は厳しく『銀行からお金が借りられない』と言っていた」
「僕がいる間は、無事故の会社だった」
「室内船は、乗船時はライフジャケットの着用義務はない」
「知床岬コースは、長いし、人気のコース。社長が変わってから、4月からやるようになった」
「当初は、4~5月は海が冷たくて、時化るため、6月まで運航していなかったコース」
「クマがほぼ見られることや、時間が長いコースであることから、人気のため、他の会社もやってるし、GW中にも出すように変えた」

 今回の遭難では、26人が行方不明になっていて、24日に乗っていたとみられる10人の死亡が確認され、25日午前、新たに子ども1人の死亡も確認されました。
 地元の斜里町は、両親も一緒に遭難した3歳の女の子と発表しています。
 海上保安庁は、捜索を続ける一方、業務上過失往来危険などの疑いを視野に調べをすすめる方針です。

 

まず、今回の事故時の船長は半年だけ甲板員をやっているだけで船長になっていたようで、経験不足だったようです。しかし、元船長によると経営者が変わった際に人が総入れ替えになってしまい、教える人がいないようです。さらに昨年の事故時に船を修理しているところを元船長が見たところ、亜鉛版という船体の腐敗を止めてくれる役割の物を本来なら毎年変える物にも関わらず、変えていなかったと言います。今の運行会社の社長は「お金がない」とずっと話しており、波があって出港を辞めた時も「なんで出さないんだ」と言われてたようです。室内船も乗船時にライフジャケットの着用の義務は無かったようです。

これは完全に人災です。この事故は社長が金の事しか考えずに安全性を無視した結果です。というか半年しか経験が無い人をいきなり船長にしてしまうのはどうなのかと思ってしまいます。教える人も総入れ替えしたせいでいないし。社長の人名軽視の態度は「なんで出さないんだ」という発言で分かります。本来なら金より安全性を重視しないとろくな事にならないのにこの社長は金のことしか考えていないように見えます。さらに去年の座礁事故で船底にはその際の傷があったと同業者や住民が証言しています。しかし社長は

 

運航会社の社長は24日、乗客の家族に対して「船底の傷のことは知らなかった」と説明しています。

 

と家族に説明しているのです。こんなふざけたような言い訳をされても家族にとってはただの煽りとしか思えません。